社内を豊かにするために

チャット

より便利な社内に

ビジネスチャットという言葉を聞いて、ピントと来る人と来ない人がいるだろう。多くの人が最初この言葉を聞いた時、どんな内容なのかわからず、検索したのではないだろうか。内容を大まかに説明すると、会社内でチャットを用いり、情報交換をするといったようなものだ。普通のメールやSNSと機能は変わらないとのことだった。さて、今回のテーマはビジネスチャットの比較である。ビジネスチャットの利点は、社内で時間や場所を問わずに情報を発信できること。しかもそれは不特定多数の人に送ることも可能といえば可能である。社内で共有する内容を、一気に沢山の人に伝えることができるのはかなり便利だと思う。電話や、対面するとなると相手の都合にもよるため、それと比較してみてかなり便利になったことは目に見えているだろう。なんせ仕事をしながらでも相手に情報を伝えられるのだから、これ以上の便利さはない。だが、ビジネスチャットの欠点といえば、もし相手ばパソコンや携帯電話を開いていない時に、その情報がすぐには伝えられないことである。一斉に送信すれば伝えることはできるものの、昼休みや受信主が退社したときにその内容が送られてきたのであれば、すぐには伝わらないことになる。電話や直接会って伝える時と比べると効率が悪くなるとは思う。それに加えて、最悪の場合外部に情報が漏れる恐れがあるということ。今時フィルターをかけていない会社はないと思うが、万が一それをかいくぐって潜入されたら内容が漏れかねない。ただ、やはりどれだけ比較してもビジネスチャットは便利だと思う。沢山の会社が導入するのにも納得がいく。以上、二つの事柄を比較してみたが、私の中ではやはりあった方が便利だと感じた。社内ばパソコンを見ていない時などほとんどないということから、ビジネスチャットの導入はこれからのビジネスを豊かにしていくと思われる。よって、社内にはビジネスチャットの導入が理想的である。